2013年07月11日

不良少女伝・莫連女と少女ギャング団

平山亜佐子著

大正昭和初期の不良少女の話をその当時の新聞記事から読み解く内容になっています。
林きみ子という丸ビルで働く美貌のタイピストはハート団なる集団を束ねて丸ビル内で売春、
カツアゲ等していたり。
そしてなんと11才の時には人力車に無賃乗車した上お金を強奪し
その足ではいった劇場で声をかけた女性を横浜で酌婦に売り飛ばそうとして捕まっている。

時代はドンドン悪くなっていると思っていたけど良くなっているのかもしれない。

平成断然迫力負けしてます。

びっくりするけど、昭和のなんでも飲み込んで先に進もうとする
時代の力強さも感じて、元気が出ます。
posted by 貞吉 at 21:57| Comment(0) | びっくり本